現在の仮想通貨バブルで、ビットコインの高騰に乗り遅れた人たちが、億りびとになる可能性が最も高いのがICO投資だったりするのですが、ICOとはいったい何なのか?良く知らない人が多すぎます。

今回はそういった仮想通貨初心者の方のために、ICOについて詳しくお話をしていきます。すでに良くご存知の方は、ご自身の知識の確認がてら読み流してもらえればと思います。

ICOは詐欺まがいのモノが多いので本当に注意が必要です。

ICOとは仮想通貨を使った資金調達法?

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル コイン オファーリング/新規仮想通貨公開)の略で、「クラウドセール」「プレセール」「トークンセール」とも言われています。

企業が資金を調達する際に行われる、クラウドファンディングIPO(イニシャル パブリック オファーリング/新規株式公開)などに似た仕組みを持っています。

アル子アル子

えぇ!もうすでにわからないです!!

アルトアルト

投資をしていない人からすると、わかりづらいですよね。もう少し簡単にお話します。

会社経営で大切なことは、資金(貯金)をたくさん持っておくことが大切なんですね。そのために、今までの経営者はクラウドファンディングでお金を集めたり、新規で株式を公開するIPOでお金を集めていたりしたわけです。

資金(貯金)が無いと、会社経営は自転車操業になってしまい、いつ潰れてもおかしくない状態になってしまいます。それは、家庭でも同じですよね?

逆にお金がたくさんあれば、新しい事業への投資ができたり、今ある商品をリニューアルしたりと、より良いサービスを産み出すことに使うことができ、お金を投資してくれた人たちに利益を還元できるようになるわけです。

この投資の最たるものが今まではIPOだったのですが、IPOするには詐欺師が横行したり、株式にしないといけなかったりと、イロイロと面倒な手続きが多く、しかも国内のIPOの場合、証券会社を通さないといけないので、海外からの投資も難しかったのが現状だったのですが、これを変えたのが仮想通貨を使ったICOになるわけです。

(ITバブルの頃からのチャート)

アルトアルト

もし、2000年代に未公開のソフトバンクの株を買うことができたら、どうする?

アル子アル子

絶対に買う!!

アルトアルト

上がることがわかっているから、みんなが購入するわけ。そして、みんなが購入するから株価は上昇して、初期に株を持っていた人たちは桁違いに稼げるわけです。

今、この流れが仮想通貨に流れてきていて、IPO株式のように証券会社を介さずにお金を集めることができるようになっているわけです。しかも、仮想通貨なので、全世界から気軽に資金調達をすることができ、べらぼうな額を集めることができるようになっています。

例えば、先日ICO成功したADAコインとかは初期に持っていた人は600倍とかに価値が上がったりしています。

600倍というと、10万円分購入していたら6000万円になっているということです。スゴイですよね。

ICO仮想通貨の仕組みについて

ICOの仕組みは企業によって千差万別なのですが、多くの場合、独自の仮想通貨(トークン)を発行し販売することで資金調達をします。

また、既存の流通している仮想通貨を使ったICOもあったり、現金で売買できないものもあったりするので、仮想通貨を売買できるウォレットを持っておくことが重要になります。

アルトアルト

いつ良いICO案件があるかわからないので、国内の取引所のアカウントを持ってウォレットを作成しておくと良いよ!

➡安心・安全取引所ランキング

ICO仮想通貨でのメリットとは?

企業側にとって、ICOを行うことで資金調達をすることができると言った大きなメリットがありますが、一方、投資家にとってはどういったメリットがあるかと言うと、それはやはりICOが成功したときの初期投資によるキャピタルゲイン(資産売却による利益)と言えます。

株式の場合は配当(インカムゲイン)があるので、そのままポジションを取っておいても良いですが、ICOの場合は利益配当は無いため、どこかのタイミングで仮想通貨を売却する必要があります。(そこで利益が確定する)

とはいえ、ICOのビジネスモデルが優れている場合、企業の成績が向上するとともに、仮想通貨の価値も向上するので(世間での評判が高まり仮想通貨の価値も高まる)、ある程度の初期投資分を利確したら、ポジションを取っておくと良いかと思います。

ICO仮想通貨でのデメリットとは?

個人がICO仮想通貨投資でのデメリットは、法整備が行われていないということ(日本国内)。そして、投資を行ったプロジェクトが失敗に終わった場合、投資したお金の全てを失う可能性があると言うことです。

事業が完成する前に、プロジェクトが何らかの原因で止まってしまったり、投資家から思うように資金が集まらなかったりと言った理由で、プロジェクトが失敗に陥るケースもありますが、そもそも、投資家に対して詐欺行為を働こうとしている人たちもいると言うことを、しっかりと念頭に入れておくようにしましょう。

そのため、ICOに投資をする際には、しっかりとビジネスモデルについて精査する必要があります。

ICOで詐欺に合わないために

ICO仮想通貨投資によるキャピタルゲインの可能性に魅了された投資家が、莫大な利益を得る一方で、ICOに参入した結果、大きな損失を出したり、ICO詐欺に引っかかる投資家も続出しています。

そのような事例を受けて、投資家を保護するために、ICOに対しての厳しい規制を実施する国も出てきています。

日本も2017年10月に金融庁がICOについて利用者及び事業者に対する注意喚起を発表していますが、やはり一番気を付けるべきは、ICOによる利益に目をくらませてしまうのではなく、立ち上げるプロジェクトの成長性などに目を向けるべきです。

もっとも、細かくチェックするべきところもいくつかありますので、そのあたりの内容については、僕から無料レポートをプレゼントするのでチェックしてもらえればと思います。

本当に詐欺師が横行していますので、十分に注意をしてください。

ICO投資にはウォレットの作成準備は必要不可欠

ICOはハイリスクハイリターンの投資になりますが、魅力的なプロジェクトも多く、良いプロジェクトはすぐに目標金額に到達し終了しています。

また、多くのICOの場合、投資するのは現金ではなく仮想通貨です。ですので、いつでも良いタイミングで投資ができるように、取引所の開設を行い、自分のウォレットの作成をしておくことが重要となってきます。

安心・安全取引所ランキング

アル子アル子

ICOに投資するときは仮想通貨が必要なのね。

アルトアルト

ICO投資にのほとんどに、プレセール期間が設けられていて、割安のタイミングで購入することで莫大な利益を得ることができたりするんだ。より良いICOにいつでも投資できるように、準備はしっかりしておくことが大切なんだね。

仮想通貨投資もICO投資もまだまだ発展途上の投資です。そのため、先駆者利益として莫大な利益を得る可能性が高い投資と言える一方、正しい情報を持っていなければ、大失敗に終わる可能性も高いです。

このサイトでは、より良い情報を提供していくことを心がけていますが、表に出せない話もかなりあるので、そのあたりの情報は僕のメルマガでお伝えしていきます。