仮想通貨の取引によって何人もの億り人を輩出し、ますます注目を浴びているビットコインを含めた仮想通貨(暗号通貨)が世の中に出回っています。各種メディアでも話題になっていることから、仮想通貨取引に興味を持った方も多いのではないでしょうか?

ビットコインをはじめとした仮想通貨の投資をスタートするためには、まずは仮想通貨を扱っている取引所のアカウントを開設する必要があります。

(アカウントの開設は無料&数分で終わるので安心してください。)

しかし、気を付けなければならないのは取引所をどこにするのか?ということです。

取引所によっては安心できないところもあったりするので、当サイトでは安心して利用できる厳選取引所をご紹介していきますので、参考にしてください。

初心者の方がどこの取引所にしようか迷った場合は、まずは現在国内の最大手取引所であるビットフライヤーの「bitFlyer」に、登録をしておけば間違いないです。

取引所各社にはそれぞれ特徴があり、ご自身のトレードにあった取引所を選ぶことが大切です。

今回はイロイロと比較してみましたので、ご確認いただければと思います。とはいえ、アカウントを作成するのに5分ぐらいしかからないので、登録をしてみてご自身で使い勝手を見ても良いかもしれません。

【重要】大手取引所の「コインチェック」がハッキング被害にあいました。

 

アルトアルト

2018年1月26日、仮想通貨取引所のCoinCheckが約580億円相当のハッキングに合い、取引を停止中です。

仮想通貨はその性質上、どの取引所を利用しても絶対に安全と言うことは有りません!!

今回のような対策については、文末でお伝えしていますので、ご確認ください。

 

安心・人気仮想通貨取引所の徹底比較(2018年1月最新版)

第1位 bitFlyerビットフライヤー

URL:https://bitflyer.jp

株式会社bitFlyer

取り扱い通貨6種類

現物取引手数料 0.01%~0.15%

<<ビットフライヤーの特徴>>

■ビットコイン取引量日本一!2014年4月に日本初の仮想通貨取引所としてサービスをスタートした国内最大手の取引所です。

■株主には金融系をはじめとした大企業がそろっており、資本金は41億238万円と他社を圧倒しており、安心して利用できる体制が整っています。

■投資家保護のためのセキュリティにも注力をしており、国内大手の損害保険会社と契約をしており、不正アクセスに対する補償上限は最大500万円。

■会社として暗号通貨の普及に努めており、初心者でも簡単に売買ができるようにサイトが設計されています。

■豊富な資金源を使って、ログインするだけでビットコインがプレゼントされるキャンペーンが不定期に行われています。

<<ビットフライヤーの取り扱い通貨>>

ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナコイン

<<こんな方にオススメです>>

■仮想通貨初心者の方で、学びながら取引をしていきたいとお考えの方。

■取引所の破たんなどを懸念しており、安心感のある大きな取引所を選びたい方。

■短期売買ではなく、中長期での投資をお考えの方。

<<管理人がお勧めする理由>>

アカウント開設に関しては、Facebookと連携すれば即刻登録ができ、気軽に登録ができますし、取引所としての歴史、大手ならではの安心感はNo.1。

また、その他の特徴として、ビットコインをもらうといったサービスがあります。公式ページの下の方にあります。まだ行っているサービスだと思いますが、念のためご確認ください。

 

>>bitFlyer公式ページはこちら

第2位 zaif(ザイフ)

URL:https://zaif.jp/

テックビューロ株式会社

取り扱い通貨5種類 トークン各種あり

現物取引手数料 -0.01%

<<zaifザイフの特徴>>

■zaif(ザイフ)の特徴は他では扱っていない「トークン」などがある事です。昨年話題になった国内ICOのコムサなどもzaifで取引することができます。今後もかなりの国内ICOがある場合が考えられるので、今の内の登録をしておいた方が良いです。

■現物の手数料がマイナス0.01%と手数料が低めです。特にネム・モナコインは安く売買できます。

■「zaifコイン積み立て」というサービスがあり、毎月自動積み立てで仮想通貨を購入することができ、右肩上がりの市場ではトレードの苦手な方にお勧めです。毎月1000円~可能です。

<<zaifザイフ取り扱い通貨>>

■ビットコイン・イーサリアム・ネム・モナコイン・ビットコインキャッシュ その他各種トークンを取り扱っています。

<<こんな方にオススメです>>

■比較的短期での売買をする方。ネム・モナコインをトレードする方。

■トークンを購入したい方。

■毎月自動で積み立て購入をしたい方。(ドルコスト平均法)

>>zaif公式ページはこちら

第3位 GMOコイン

 

URL:https://coin.z.com/jp/index.html

GMOコイン株式会社

取り扱い通貨5種類

現物取引手数料 無料

<<GMOコインの特徴>>

■FXなどネット上で金融系のサービスを多く展開しているGMOグループなので、スマホアプリもサクサク使えると好評です。また即時入金・出勤手数料も無料!!

■GMOコインは仮想通貨の「取引所」ではなく「販売書」です。売買は販売所であるGMOコイン自体と行うため、提示価格で即購入ができます。

■仮想通貨FXで「レバレッジ5倍まで」「追証なし」なのも魅力です。また各種アルトコインでのFXも準備中です。

<<GMOコインの取り扱い通貨>>

ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップル

<<こんな方にお勧めです>>

■仮想通貨FXで信用取引をしたい方

■取引所ではなく販売所で仮想通貨の売買を行いたい方

>>GMOコイン公式申し込みページに進む

仮想通貨売買初心者の方へ、ココだけは押さえておきましょう!!

ビットコインの1年での値上がり幅がスゴイです。正にバブル状態となっており、僕の周りでも億越え、5億越えの方が続出している状態です。

最も有名な仮想通貨である「ビットコイン」が時価総額2,406億ドルと断トツの1位。そのあとに「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」が続いています。そして、これら主要仮想通貨は全て「ビットフライヤー」で売買が可能です。

仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いについて

仮想通貨初心者の方が良く混同しがちな点をまとめました。

「取引所」

・株式と同じように、仮想通貨を買いたい人・売りたい人が注文を出し、双方の売買価格が一致するときに取引が成立する形式。

・手数料は販売所に比べて安いことがほとんど。

・相場状況によってはなかなか約定しないこともある。

「販売所」

・販売所を運営している企業から直接仮想通貨を購入をする形式。

・販売所が提示する価格で確実にビットコインを売買することが可能。

・手数料がやや高めなのがデメリット。

 

「ビットフライヤー」は、ビットコイン取引所と仮想通貨販売所を運営しています。アルトコインは全て「販売所」での売買になるのでご注意ください。

ビットコインは基本的には手数料の安い取引所でトレードをすることをお勧めします。しかし、相場が急変して注文が約定しないなどの際は、必ず約定する販売所があることも頭に入れておきましょう。

 コインチェックハッキングでわかるハードウオレットの重要性

2018年1月26日に冒頭でお話をしたCoincheck(コインチェック)へのハッキングによって、580億円相当が流失しました。

今回の場合はコインチェック側のずさんな管理体制とも言えますが、やはり1取引所に大金を置いておくことは非常にリスクだなといえます。ある程度の投資額があるのであれば、分散して保管しておくことが重要になります。

アルトアルト

長期で保有する場合はハードウオレットに入れておくのがオススメ!

アル子アル子

ハードウォレットってなーに?

そもそも、ウォレットには2種類あり、インターネット上のウォレットのことをホットウォレットと言い、ハッキングに合う可能性と言うのがゼロではありません。

そのため、長期で保有する場合はハードウォレット(コールドウォレットと言います)に入れておくと良いです。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ただし、この場合、普通の財布と同じように紛失してしまうなどの物理リスクが付いて回ります。しかし、大量のビットコイン等を長期保存するのには向いています。